おせち料理についてのあれこれ

おせち料理はお正月を祝う料理として、日本では定番となっています。その歴史を辿って行くと、奈良時代までさかのぼる事ができる、伝統的な料理の一つと言えます。



しかし奈良時代の物は現代の物とは違い、朝廷内での公式行事の節句の祝宴で振舞われる料理全てが、おせち料理とされていました。

公式行事は節会と呼ばれて、正月以外にも有りましたたが、その全ての宴会に出される料理全てを指していました。



また盛り付けは現代と違って、高坏などに盛られた料理となっていたと言います。

その後、幕府なども節句のお祝いを行う様になり、庶民がこれを取り入れ始めたのが、現在のおせち料理の始まりです。



またおせち料理には、年の初めを祝う料理として、様々なおめでたい意味が込められています。作られる料理の一つ一つにも、選ばれる食材にも、料理を重箱に詰めると言う事にも、また詰める順番にもすべて意味が有ります。

例えば的な料理である数の子はニシンの卵ですが、小さな卵が数多く集まっています。
これは沢山の子供が生まれて、子孫が繁栄していきますように、と言う願いが込められています。

また伊達巻は、その形が巻物に似ている為に、勉強や習い事などに繋がるとされて、学業成就の願いが込められています。

また重箱に詰めるのは、幸せが重なる事を願って居ます。

正式な物は四段とされていますが、五段重ねて五段目を空にする場合も有ります。
これは将来的な幸せを祈っていると言われます。


そこに来年以降の幸せを詰めたい、と言う願いの現れだと言う事です。