おせちの意味、お正月にふさわしい料理

お正月におせちを何気なく用意がされて食べていると思いますが、おせちの意味合いをご存知ですが。


使われている材料に、意味合いがある事はほとんどの方がご存知だとは思います。

その他にも、おせち料理は日本の懐石料理と同じく5種類に分けられます。


「祝い肴」「口取り」「焼き物」「酢の物」「煮物」と分けられています。

聞きなれない「祝い肴」「口取り」とは、かまぼこやだて巻き、栗きんとん、黒豆、数の子、きんぴらなどです。

お重で言ったら1段目に入る物です。

「焼き物」とは、鯛や蛯名を焼いたものです。

「酢の物」は、大根や人参で紅白を彩ったなますです。

そちらを2段目にいれて、三段目には「煮物」を入れる事が多いでしょう。

あくまでも一般的ですので、ご家庭によってや地域によって異なる場合もあります。



またお重に入れるのにも意味があります。
「幸せを重ねる」という意味合いです。



新年を迎えてのふさわしい食べ物だと思います。

実際に日本では新年んにおせちを食べていますが、外国ではどうなのでしょうか。

アジア圏では、中身の内容は国ごとで異なりますが、おせちを言われる物が存在して食べられているようです。
しかし食べる時期が旧暦のお正月とされる場合もあります。



また、日本ではお正月にふさわしい料理として、鯛めしであったり、鰤しゃぶ、和食のもならずエビを使ったパエリアもおすすめです。


どれも一度にたくさんできて、皆で取り分けて食べる事ができお正月から食卓がにぎわう事間違いなしです。