福祉施設の老人ホームの感染症について

福祉施設の老人ホームでは、多くの高齢者が生活しているため食虫毒や伝染病、その他の感染症の予防や発生時の対応方法について保健所との連携を保つことになっています。
ウイルスや寄生虫、リケッチアなどの感染症は、抵抗力の弱い高齢者に発生しやすく、日和見感染的なものもあります。

最近の老人ホームなどにおける感染症としては、腸管出血性大腸菌などや感染症胃腸炎、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌などがあり、特に腸管出血性大腸炎は、集団発生による感染力や症状から指定伝染病となっています。

老人ホームなどや在宅サービスの利用希望者が感染力のない保菌者である場合は、大抵の施設で入所やサービスを受けることができます。



また、健康であっても感染する可能性があるので、日頃から入所者や在宅サービスの利用者、家族、福祉サービスに携わる職員などが一体になって予防することが必要です。

万が一感染した場合には、本人の自尊心を傷つけないように取り組み、不安感を抱かせないような配慮が求められます。

Yahoo!ニュースに関する有益な情報が満載です。

個室や静養室に移動し、入浴や家具・衣類の洗濯などを別にして、二次感染の予防と治療に努め、症状によっては入院治療を行うことがあります。



職員が感染したり、感染経路にならないように施設では、周知徹底を図っています。

老人ホームなどや在宅サービスの事業者は感染症予防マニュアルを作成しているので、日頃から予防について福祉サービスを提供する全職員に周知が必要です。