福祉施設の老人ホーム

介護保険法による特別養護老人ホームにおいては、要介護状態の人に対して、原則的に利用者本人と施設との私的契約によって入所が決定されています。

本人又は家族から入所の問い合わせがあった場合、各施設で定める入所申し込み書及び必要事項をもとに入退所について検討・協議を行うため入退所検討委員会を開催し、入退所の必要性を判断します。

納得のgoo ニュースに関してわかりやすく説明しております。

要介護度が高い人や独居生活など福祉サービスを受ける必要性が高い人が優先的に入所できるようにという観点から、入退所に関する手続き及び基準を明示することにより入退所における透明政・公平性を確保し、介護保険制度の趣旨に即した福祉サービスの円滑な実施をしています。

市町村からの入所依頼があった場合、緊急性を要するケースとして老人ホームに優先的に入所できることもあります。



本人、家族から入所について電話・来訪・文書などによる問い合わせがあった場合は、入所の資格要件と待機状況を説明し、入所希望者氏名・年齢・性別など簡単な申し込み受け付けを要します。
入所申し込み書の受け付け時には、入所希望者および家族などと面接を行い、内容の確認と状況把握に努めることが望ましいため、施設の見学を勧めるとともに面接の日程を調整します。


特別養護老人ホームの見学では、施設設備・機能、福祉サービス内容、料金などについて説明を受けます。
入所希望者の心身の状況、家族関係や生活背景などの把握に努めるとともに、入所順位決定方法なども確認すると良いです。